観点とは?-その3-

観点とは?-その1-

観点とは?-その2-

 

実は、人間の脳機能には、重大な欠陥があります。

認識技術(nTech)を「お薬」に例えた場合、そのお薬を処方すべき病気がありあます。

お薬と病気には、一対一の関係があります。

その病名が、これまで、誰にも発見されずにきた病気=「認識疾患」です。

 

つまり、人間の脳機能の盲点、それを知らずに500万年間、ヒトが人間の脳を当たり前の様に使い続けてきた状態、それこそが認識疾患といえます。

知らずに罹ってしまった病気なのですから、誰も責めることはできません。

恥ずかしいと思うこともありません。

皆、一緒なのですから。

 

なぜ、みんなが幸せになりたいと願っているのに、そうならないのか?なれないのか?

科学はどんどん発展しても、いつまでたっても戦争が終わらず、

AIが人間の知能を超えようしているにもかかわらず

人間だけが、なぜずっと同じレベルでいつづけるのか?

 

その疑問も、当然の結果として起こったものです。

そして、答えは、とてもシンプルです。

 

まったく知らずに、生まれながら70億人全員が、人間誕生以来500万年間共通して「認識疾患」を患ってきたから。

 

では、認識疾患とはなんでしょう?

 

ここで、脳のクセです。

脳には強烈なクセが4つあります。

この説明は、動画がとても分かりやすいので、ぜひこちらをご覧ください

 

 

いかがでしたか?

 

この脳のクセを土台に作られる「観点」には、5つの問題があります

 

「観点」の5つの問題については、”観点とは?-その4-”でお伝えしますね。

 

(つづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA