観点とは?-その2-

前の記事:観点とは?-その1-

 

世の中には、様々な問題が、今この瞬間も起こっています。

一つ一つ挙げてみるときりがありません。

この、バラバラにみえる多様な問題。

そのすべてに共通する”根本的な原因”があるとしたら、それは、なんでしょう?

 

認識技術では、それを

「観点の問題」

であると規定しています。

 

では、「観点=判断基準=無意識エンジン」とは何でしょうか?

これを言い換えると、

「人間が生まれた瞬間から初期設定されている5感覚と脳を使い認識した結果つくられる、その人の人生を左右する基準」

とも言うことができますし

「人間一人一人が生きる上で、一番の土台となる、コンピューターで言えばメインプログラム」

と言うこともできます。

 

そして、

観点には、大きく分けて、2つの種類があります。

それは

①個人の観点(判断基準)

②人間共通の観点(判断基準)

です。

 

①は、赤ちゃんがおぎゃーと生まれて、0才~6才の間に五感を通してインプットされた情報をもとに、ほぼ90%がつくられてしまうそうです。

ですから、お母さんが赤ちゃんとどう接するかで、ほぼほぼすべてが決まってしまう、とも言えます。

お母さん、責任重大ですね。

 

そして、

②は、人間共通の観点です。

人間共通なので、これは人間だったら誰もがもっているし使っている「脳機能」のことです。

この脳機能に、実は重大な欠陥があるのです。

 

それが「脳のクセ」といわれるものです。

脳のクセ、については、”観点とは?-その3-”でお伝えしますね。

 

(つづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA