ふまんがあります

今日は絵本の感想を書きます。

ヨシタケシンスケさんの「ふまんがあります」をよみました。

女の子がパパへの日頃の不満を次から次からぶちまける。

そこに対するパパの答えは・・・?

この本を読んでワクワクするのは

「次はどんな不満が飛び出すの?」

「このパパはいったいどんな答えを返すんだろう?」

ということ。

女の子の不満は、全部が、大人が子供に日々言いそうなこと、やりそうなことだし、

そこへのパパの答えは、一切、大人の正論ではないところがミソ。

すべてがウィットに富んでいて、ファンタジー。

それによって、女の子が「本当に納得してるか」は不明。

心が納得してないからこそ、次々終わりなく不満が繰り出されるのかもしれません。

でも、そのやり取りを通して、パパのあいはしっかり感じてるんじゃないかな、と思いました。

そしてラストは、女の子へのパパからの逆質問。

そこに対する女の子の答えとは??

子供の方が、100倍?上手なんだなと、可愛いなあと思いました。

ヨシタケシンスケさんの絵本、最近知って、初めての1冊ですが、この可愛さには虜になりそう。

次は、どんな絵本に出会えるか、楽しみです!!

https://www.ehonnavi.net/ehon/109083/%E3%81%B5%E3%81%BE%E3%82%93%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99/

ふまんがあります
作: ヨシタケシンスケ
出版社: PHP研究所 PHP研究所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA