武士道を読んで。ー第九章 忠義ー

新渡戸稲造の「武士道」を読んで、章ごとに、気づいたこと・感じたことを綴っています。

今日は第九章。

この章は、『忠義』について書かれています。

この章で一番心に残ったのは主君と親子、どちらをとるか、の基準。

武士道は、迷わず、忠(つまり主君)をとる、とあります。

事例として、菅原道真の家臣の「忠義」がとりあげられていました。

親子よりも、主君への忠義を優先する、そのために、家族が犠牲になったとしても、親も子も、その犠牲を潔く受け入れている、そんな事例でした。

忠臣蔵にも通じる姿勢態度ですね。

そして、この忠義とは、主君にすり寄ったり、ただイエスマンになって言うことを聞く、というのとは違う、ということも最後に強調されていました。

どこまでも個の利益ではなく、公の利益を優先する姿勢。

もしも主君が天下の大道に逸れてしまっていると感じたときには、勇気をもってこれを正し、たとえそれが主君の機嫌を損ね切られたとしても本望。それが武士のとる道、とあり、

それを思ったときに、昔見た時代劇のいくつもの場面が浮かびました。

悪いことをする殿様や悪代官に立ち向かって、切られてしまう家来たち。(それを最後に遠山の金さんや大岡越前ら、水戸黄門が見事に成敗するんですけどね(笑))

私たちの世代は、時代劇で武士道を自然に学んでいたのかもしれません。

忠とは「中心」と書きます。

誰か、ではなく自らの中心に従って生きること。自らの中心は、宇宙の仕組み・法則ともつながり、全体を動かすその動きともつながる、その中心。

それが忠義の本質だと感じました。

私も、常に「忠」に忠実でありたいものです。

それが一番シンプルな生き方ですね。

今日も読んでくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA