いのり

オルガンの音楽がついた絵本を紹介します。

いまここにすべてがある。

すでにすべては、完全であり足りている。

聖書のような、讃美歌のような、

コロナ禍、今の時代の人間活動のすべてをストップしなさいというような

ウィルスを使った地球からのメッセージともリンクする気がしました。


ストップしたら、何を次、スタートさせたらよいのか。


脳から心へ。

今までを、とにかく脳を中心に突き進む男性性文明というならば、

今からは、心。今までのすべてを受け入れ、溶かして自然も科学も人間も誰も取り残さずに再創造する真の女性性の文明に。

人間は、今まで、本当の女性性は一度もつかっていない。

だからこそ、そこに希望が見いだせます。

絵本「いのり」(絵・詩 まつむらまさこ/作曲・オルガン 平澤真希)こどものせかい至光社



作曲と、オルガンを弾いているのは、中学・高校で同学年だった、平澤真希さん。

ヨーロッパで活躍の後、今、日本で作曲や、ネイチャーピアノ、という、自然の中で音を奏でる演奏会もしています。

自然や全てからメッセージを受け取ってピアノを道具に音を奏でる、とても、心に響いてくる音楽です。

真希さんの活動はコチラから。

絵本と音楽のコラボレーション、素敵ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA