りゆうがあります

絵本の感想を書きます。

今日は、再び、ヨシタケシンスケさん。

「りゆうがあります」

前回は、女の子がパパに問いかける「ふまんがあります」

今回は、男の子がママに伝える「りゆうがあります」


面白いなーと思ったのは、男の子は、いろんな理由を思いつくものだなあということ。

大人が決めた「やっちゃダメ」のルールに対して、「なぜ自分がそれをするのか」は、ひとつひとつ、その男の子なりのステキな理由があります。

なぜそれをするのか?を、どこまでも深く深く追求していったら、実は必ず宇宙の秘密、真理にたどり着きますね。

りんごはなぜ落ちるのか?に疑問をもったニュートンが、万有引力を発見したように、

万人が納得するルールを発見したなら、彼は、この時代のニュートンになる可能性を秘めている気がします(笑)

まずは「なぜはなくそをほるのか?」からぜひ、ニュートンへの道を初めてみてほしい!

そして、もしかすると、この男の子は、「ふまんがあります」のパパの幼少期のお話かも??と感じた私でした。

絵本は楽しいですね。大好きです。

https://www.ehonnavi.net/ehon/106517/%E3%82%8A%E3%82%86%E3%81%86%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99/


りゆうがあります
作: ヨシタケシンスケ
出版社: PHP研究所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA