100年たったら

今日は、絵本のレビューを書きます。

読んでいて、100万回生きたねこ、を思い出しました。

あべ 弘士さんの絵は、迫力ありますね!

確か、北海道の旭山動物園に勤めていて、その後絵本作家になられたと聞きました。

ライオンと小鳥の、生まれ変わり生まれ変わり、そして出会う物語り。

私たちが普段何気なく出会っている、なぜか気になるその「何か」そして「誰か」は、昔々、自分がライオンだったときに再会を誓い合った小鳥、なのかもしれません。

時代を超えて生まれ変わり、何度も出会いを繰り返す映画がありました。

今ここは、一瞬だけど、永遠。何度も何度もであっている。約束を果たすために。

そんな不思議な気持ちになります。

どこまでも、深くイメージがつながっていく。

絵本、大好きです。


100年たったら

文: 石井 睦美
絵: あべ 弘士
出版社: アリス館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA